開業するまでのステップ

国家資格出取得と開業資金は必須

これまで記載していた私の経験と思いをもとに、今私は整骨院開業に向けて動いています。
ここからは、開業に向けて私が今行っている内容について記載していこうと思います。
私と同じような志を持った人に少しでも参考になればと思います。

そもそもですが、これまでも記載してきましたが、整骨院を開業するには、柔道整復師という国家資格が必要です。
また、自分で開業をするのであれば、資金はそれなりに必要です。
まず、この二つは必須です。
資格がない方は、まずはそこから調べてください。
開業にあたって必要な資金についてですが、大体500万円ほどは必要だと思ってもらったほうがいいです。
この中では開業するに当たっての物件取得も入っているので、すでに開業場所がある方はここから100万円くらいはマイナスになります。

私が開業するにあたってかかった資金

私の場合、整骨院を開業するにあたって、大体600万円くらいかかりました。
物件取得費用は思っていたよりも抑えることができましたが、医療器具などの備品にこだわった結果、思いのほか費用がかかってしまいました。

開業にあたって、以外と手間がかかったのが各役所の手続きです。
具体的にいうと、整骨院開業にあたっては施術所開設届を保健所、保険の受領委任契約を地方厚生局、共済番号取得を国家公務員共済組合連盟・地方公務員共済組合協議会、また防衛省番号取得のために防衛省、労災保険のために労働基準局にと、これを見ているだけで大変と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。
ただ、保険適用のためには必須の手続きですので、必ずやる必要があります。
そして、ここでやっとスタートですので、あとは実際にどうやったら整骨院に来てもらうかが一番の課題になるわけです。
私のこれからの大切な課題です。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る